2015年5月29日金曜日

【訳】グーグルのマインドフルネストレーニングを受けると何が起きるのか?(後半)

※ この記事は、 What's It Like to Take Google's Mindfulness Training?の前半を和訳したものです(前半はこちらです)。ご自身の瞑想やマインドフルネス活動の参考にしてください。 




ある日、私は、ニューヨークのグーグルの、ミーティングルームにいました。予定通り、部屋には30人ほどのグーグル従業員が思い思いに歩いたり、座ったりしていました。ここにいるのはエンジニア部門、プロダクトマネジメント部門、人事、経理、営業部門の従業員たちです。

「ニューヨーク初の『サーチインサイドユアセルフ』へようこそ」と、スタンフォード大学のフィリップ・ゴールディン博士が言いました。「私は神経科学者としてキャリアを積んできました。私は皆さんが、なぜこのプログラムで私たちが、自分たちの外側と同じように内面を見つめる必要があるのか、理解する助けができればと思っています。今から、心のマインドフルな状態と感情の知性について、お話します。パソコンや携帯電話の電源を切って、今ここにただ存在しているだけの状態になってください。」

フィリップが、感情に反応する大脳辺縁系と身体における気づきについて話していた時に、私は(おそらく緊張からくる)首のこわばりを感じていました。

彼は、瞑想をすることで、人が、いかに気が散らなくなるかについても話しました。「驚く」という反応が減り、自分の考えが変わっていくときでさえも、落ち着いてそれを眺めていられるのです。

フィリップはまた、私たちが落ち着きを保てる、優雅なポジションを取るよう、私たちに指示します。
「尾骨を意識して、座りの良い態勢を取ってください」
彼は手順を説明します。
「私がこの静けさを理解すると、私は…」「静止します。」「気づきと観察の中に入り込みます。評価のない状態に」。

生徒の1人が言いました:「大いなる宇宙につながったような気持になりました。そう、私はここ(大いなる宇宙)に属しているんだ、私は理由があってここにいるんだ、仲間として出会う人がいるんだ、と思えました。私は一人じゃないんだって。」
他の参加者も、だんだん反応し始めました:「立ったまま寝ちゃった。」
『頭に命中!』と書いてあるTシャツ(黒地に白い字で)を着た参加者は「呼吸のエクササイズをしているときにすごく奇妙な気分になりました。その時間がすごく長く感じて…休憩したくなりました。」他の参加者はこう言いました:「心ってすごく速く移り変わるんですね。私、タイピングするときに自分の気持ちよりも速く打てたことないと思う。」

これがグーグルでマインドフルネスのクラスを行ったときの反応です。私はそこでたくさんのことを学んだし、たくさん笑いました。私は、真実はそれぞれの人の中に、それぞれ素晴らしく、ユニークな形で現れるということを発見しました。

―ミラバイ・ブッシュはThe Center for Contemplative Mind in Societyのシニア研究員であり、副所長です。また、起業家、リーダーシップ、広報に焦点を当てた瞑想プログラムを開発しています。

<終わり>

訳:北里史絵

0 件のコメント:

コメントを投稿