2015年6月28日日曜日

【TAOサバイバル】 ヤマダ電機の今を 東洋思想で紐解く


ヤマダ電機、46店を閉店 拡大路線転換、都市部に注力 
                      (5月24日 朝日新聞)






人間と同じように、会社にも寿命がある
その寿命は、12年サイクルで考えるとわかりやすい。

会社は、
12年で一つの季節(冬)を終え、
次の12年という季節(春)、そしてその次(夏)、さらに次(秋)と移っていく


ヤマダ電機のように一度は業界で天下を取った会社は、創業から12年サイクルを2回乗り越えている。
そして、いわゆる一流企業は、最低でも12年×4回=48年を乗り越えてきている。

一流企業とそうではない企業の差は、30−40年を乗り越えられるか、だ。
(1980年代前半、日経は企業の寿命は30年と主張していた)


春夏秋冬の四季を乗り越えないと一人前にならないのも人間と同じだ。


・・・

この30-40年間、
円高不況、バブル崩壊、金融危機、少子高齢化、中国の躍進、サブプライム、増税と様々な試練があった。


ヤマダ電機の歴史も、1973年創業(山田電化センター)からこの間を生き抜けてきた歴史である。


ヤマダ電機は、

冬の時代(1973-1987):創業から、量販店モデルへの試行錯誤

春の時代(1988-2000):北関東の戦いを制する

夏の時代(2000-2012):大店法改正の波にのり、上場と全国展開制覇により売り上げ1兆円突破、創業者は会長へ

秋の時代(2013-2025) :エスバイエル買収等によるスマート住宅産業への業態転換と今回のリストラ


・・・


ヤマダ電機のように、一旦、業界で天下を取った会社は、各時代(12年;ちょうど干支が一回りする時期に、大きくなる。

春から夏へは、飛躍の為に、外界の変化(規制緩和、新技術)をてこに浮上する。
ここで波に乗れない経営者は、春の時代のビジネスのまま、衰退するようになっている。

夏から秋への転換は実はとても厳しいものになる。
何といっても、立志伝中の成功者であるので、自分の運と能力に絶対的自信を持っているのだ。だから、突っ込む場合がある。それで自爆死する人も多い。


創業者の山田さんはたいした人だと思う。変化を察知したのだろうか?
熱狂の最後(夏の終わり)に、住宅とICTを結びつけ方針を転換した。
TAO的に見れば、これが3、4年早ければ、今回の店舗閉鎖もなかったかも知れない。
(2006年以降(夏の後半時の買収がボディーブローのように効いてきている)


秋のサイクルは、勝ち馬と組むこと、これがポイントだ。
会社のエネルギーが落ちているいま、他の会社からエネルギーをもらうことが更なる飛躍への第一歩だ。今は、秋の3年目、あと3年後の2018年にこの企業の秋分がくる。

この時(2017年おそらく消費税10%)に襲う不況を誰と乗り切るのかがヤマダ電機の寿命を決めるのではないか?

ソフトバンクとの提携が鍵を握るだろう。

・・・


ヤマダ電機も、トヨタも、日立も、三菱も、SONYも TAOの法則から逃れることはできない、


万物はすべて循環す。
その循環は陰と陽のエネルギーの変化から生ず。
サバイバルするには、人間を超えた力を如何に味方に付けるかで決まってくる。
TAOを味方にできない国家、企業、個人は必ず衰退する。

いかなる天才も英雄も、この力に逆らうことはできない。
また、いかなる企業も国家もこの法則から逃れることはできない。



最強、究極のサバイバル術 = TAO 
それは、未来を予測し、凶事を避け、絶え間ない成長、進化を可能にする秘法なのである


・・・

今回は、TAOの一秘法 時(サイクル)に関してお話をしてみました。
TAO秘法を 皆さんにこれから 少しずつ公開していこうと思います。







0 件のコメント:

コメントを投稿