2015年10月24日土曜日

仕事での気分の落ち込みから立ち直る方法

 ※ この記事は、WEBメディア“Mindful”内の記事“How to Rebound From Difficult Emotions at Work”を和訳したものです。ご自身の瞑想やマインドフルネス活動の参考にしてください。



この記事では、職場で味わう落胆や失望感からいかによりよいかたちで気持ちを切り替えるかを紹介します。

私たちは皆、仕事での憂鬱感を味わったことがあるでしょう。例えば、昇進できなかった、顧客あるいは同僚との口論、社内政治で殺伐とした職場、職場のリーダーが、事実かどうかは別にして、同僚の不満の発生源はあなただと考える、などなど。悲嘆(grief)の原因に関わらず、これらの私たちの気をそらせるできごとは、あらゆるレベルで私たちの仕事のパフォーマンスに影響を与えます。あなたは、あなたのチームメンバーが感情的なわだかまりを克服するようどのように手助けすることができますか?

私は、高いパフォーマンスを上げるリーダーシップについて研究している国際経営開発研究所の教授であるGeorge Kohlrieser氏とこのことについて話をしました。議論の中で、彼は困難な感情から立ち直るいくつかの方法を提示しました。
「仕事において仲間意識は重要です。そして覚えておいてほしいのが、仲間意識を持つために必ずしも相手のことを好きになる必要はなく、ただ共通のゴールが必要なだけであるということです。しかし、人間関係にフラストレーションや失望感があるときには、分離や亀裂が生じるでしょう。それらの軋轢が起こったときには、その関係から部分的に、あるいは全面的に外れてみてください。この作業はあなたが悲嘆のプロセスに心を開くことを可能にします。

リーダー達にとっては、彼ら自身、また他の人たちの悲嘆のプロセスがどのように進行するのかを理解することが役に立つでしょう。人々はあらゆることで落胆しうるのです:査定でネガティブなことを言われた、契約がうまくいかなかった、人事異動、転勤などなど。私たちは皆、立ち直る前にこれらの感情を処理していく必要があります。

行動経済学では、ノーベル経済学賞受賞者によって以下のことが実証されています。多くの人々にとって、実は利益よりも損失の方がより強力にやる気を起こさせるということです。素早く何か困難を乗り越えたいときには、後悔や喪失感、フラストレーションにフォーカスするのではなく、関係を修復したあと、あるいは立ち直ったあとにどのようなことが起こるかを考えるために心の目を用いるようにしてください。

高いパフォーマンスを上げるリーダーシップのための秘訣は、チーム内に結びつきと団結力が強い状態を作るために、自らが困難なことから素早く立ち直り、そして周囲の人間が困難から素早く立ち直ることができるよう手助けをすることです。困難から望ましい状態に再び到達するために悲嘆について理解することは極めて重要ですが、リーダー達は悲嘆に十分な注意を払っているとは言えません。組織は失望感やフラストレーション、そして嫉妬を拒絶するからです。

悲嘆は一連の段階で進行します。順序は必ずしもこの通りというわけではありませんが、否定から、抗議そして怒り、悲しみそして喪失感、そして恐れへと向かう流れがあります。これらは悲嘆の感情的な部分です。あなたが、人々が怒り、動揺し、落ち込み、あるいは恐怖で満たされているのに気づいたとき、彼らは悲嘆の段階のどこかにいるのです。それは何でしょう?もしかしたら悲嘆の元は、ハラスメントのように非常に深刻なものとして誇張された、実はささいなできごとかもしれません。その後、受容の段階を経て、さらに合理化や新しい関係性の構築を経て、最終的に許しと感謝の気持ちへと移行します。

許しは、私たちが優れたリーダーシップの資質の一つとしてあまり頻繁に話すことのない要素ですが、それは困難を乗り越えるときの別の方法なのです。よくリーダーがこう言います、「あなたの考えていることを話してください」。でももしあなたが本当のことを言ったら、彼は絶対にあなたのことを許さないでしょう。彼はあなたを責めるかもしれません。あるいは別の可能性として、彼はあなたの犯したミスという困難を乗り越えることができず、職場に復帰できないかもしれません。

感情的知性には共感性が含まれます。でも私たちは、自身の悲嘆のプロセスを経なければ、共感性を得ることはできないのです。思いやりの気持ちを持つ能力は、しばしば見過ごされるものです。どのような類のものであれ、あなたが抱えている心の痛みのプロセスをしっかり見届けてから次へ進んでください。」
<おわり>


0 件のコメント:

コメントを投稿