2015年12月26日土曜日

嫌なやつにマインドフルに接する方法

この記事は、WEBメディア“Mindful”内の記事“How to Mindfully Deal With Jerks”を和訳したものです。ご自身の瞑想やマインドフルネス活動の参考にしてください。


気難しい人々と接するときに、この親愛のエクササイズを試してみてください。それで気づいたことを観察してみましょう。




気難しい人たちと働くときに私が実践してきた、シンプルで、しかし非常にインパクトの強いエクササイズがあります。それはバランス感覚と「今ここ」の視点をもたらす、私にとっては鮮烈な方法です。

私は車の交通量が極めて多いことで知られるロサンゼルスに住んでいます。もし私たちがLAの平均的なドライバーの頭の中を覗き込むことができたら、私たちは過活動状態の扁桃体や、大量の血が前頭前皮質から出ていくのを見ることができるでしょう。言い換えると、LAのドライバーは感情的で高いストレスにさらされている気難しい人々の大集団なのです。

ある日、LAで車の運転をしているときに、私はスポーツカーに自分の前を遮られました。そのスポーツカーは、随分スピードを出し、車線を頻繁に変更しているようでした。私はといえば、歯を食いしばり、肩をこわばらせ、頭の中では高酸素療法の妥当性についてばかり考えていました。

でもその瞬間、私はいかに自分がピリピリしていて、そしていかにそのスポーツカーのドライバーが自制心を失った状態に近づいているかに気づきました。この発見は、私にそのとき路上にあったすべての車のこと、そしていかに大勢の人々が彼らの車の中でピリピリしているかを考えさせるものでした。このシンプルな発見が重要なことをひらめくきっかけとなったのです。

私の肩は幾分下がり、代わりに疑問が湧き上がってきました。「今この瞬間、私に本当に必要なのは何だろう?」
「安心感(ease)」という言葉が心の中に浮かびました。
なので、私はこう唱えたのです。
・「私は安心してもいい…」(私へ向けて)
・「あなたは安心してもいい…」(自制心を失ったスポーツカーのドライバーへ向けて)
・「私たちはみんな安心してもいい…」(路上のすべてのドライバーへ向けて)
このシンプルな3つのパートからなるエクササイズは30秒もかからない上に、私が遭遇したこのできごとを分離と怒りの経験からつながりとバランスの経験へと素早く変容させました。

私にとって幸せとは、何が私のところにやってきてもOKな状態でいられるような、確固たる内側の感覚を持っていることです。この実践は私にその感覚を与えてくれました。このエクササイズで私は、他のドライバーをただ路上にいる厄介者(言い換えれば物)として見る視点を超越し、代わりに人として見る視点を得ました。そして、これは私が本当にOKだと思える経験となりました。


運転中に実験しなくてもいいので、気難しい人々と接するときにこの親愛のエクササイズを試し、それによって起こる心境の変化を観察してみることを強くお勧めします。
<おわり>


0 件のコメント:

コメントを投稿